ケンサキイカ(アカイカ)



大きさ

25cm~45cm

主な釣り方

釣期は5月から7月。餌木に魚の身等を撒きつけて(画像参照)、電気ウキを付け、エサとウキの間にとケミホタルを付けて釣るのが一般的です。ウキを付けないで釣る人もいます。

食味

刺し身はもちろん、煮ても焼いてもフライにしても美味しい。


コメント

神津島で1番人気のある釣りです。やっぱりイカは美味しいので釣れる時期には桟橋が人で埋まります。

 

エサは魚の身なら何でも構わないようですが、身の柔らかい魚だとエサ取りがいるとすぐに無くなってしまいますので、身のしっかりした魚を使ったほうがいいです。島の人はサメの身かウツボを使っています。キビナゴなどはフグがいたら一瞬でなくなります。

 

アタリはウキとケミホタルの位置で判断します。ウキが沈めばすぐにわかりますが、仕掛けを横に引っ張られるとウキが沈まないので、その場合ケミホタルの位置で判断します。慣れないとわかりにくいですが、大体近くで釣っている人が教えてくれます。

実績

前浜(桟橋)  
多幸(桟橋)  
背負崎(磯)