ゴマサバ



大きさ

15cm~50cm。

主な釣り方

サビキ・カゴ・フカセ・ルアー等、何でも釣れます。

群れが来ると入れ食いになります。

食味

脂少ない、身は柔らかい、足は早いと三拍子そろった魚。食べられないことはありませんが食べない人も多いです。火を通すとバサバサになります。生食はアニサキスに注意。

よく釣れるので美味しく食べる方法をいろいろ試してみましたが個人的には〆鯖が1番美味しかったです。


コメント

 

ゴマサバがブランド化されて高級魚になっているところ(高知の清水サバなど)もあるようなのですが、神津島のゴマサバは脂がなく、釣れてもほとんど持って帰りません。持って帰ると奥さんに怒られるといっている人もいるくらいです。

 

基本的に市場価値はほとんど無い魚のようですが、たくさん獲れるので、大島などではゴマサバの活用方法を研究しているそうです。

おすすめのポイントと釣り方

場所は前浜か多幸の桟橋。時間は夕方から夜にかけてよく群れが現れます。釣り方はサビキでも、フカセでも、かごでも何でも釣れます。

 前浜(桟橋) カゴ・フカセ
 多幸(桟橋) サビキ・カゴ・ジグ・ミノー