タカベ


大きさ

20cm~25cm

主な釣り方 サビキ、フカセなど。
食味

めちゃくちゃうまい。夏に旬を迎える神津島を代表する魚。身は柔らかく、クセがなく、脂が乗っているので、焼いて食べるのがオススメですが、煮ても刺し身にしても美味しいです。春にも釣れますが脂は少なめです。

 

神津島ではセゴシと言って、ぶつ切りにした生のタカベに醤油をつけて骨をしゃぶるようにして食べます。夏はスーパーに売っているので、バーベキューの予定がある方は是非購入して一品加えてください。

実績ポイント 前浜桟橋多幸湾桟橋
コメント

背中にきれいな黄色いラインが入っていて桟橋から見ると黄色っぽく見えます。

 

コマセを撒くと集まってきますが、とても目の良い魚なのでコマセを食べつつ仕掛けをよけます。見切られないようにできるだけ細いライン、小さい針を使えば釣れるのですが、あんまり細すぎても切られるので、サビキなら1.5号くらい、一本針で釣るなら0.6号くらい、竿も柔らかい竿がおすすめです。サビキで釣るならトリックサビキがおすすめです。

 

食い気がある時ならハリスが太くても針が大きくても釣れますが、撒き餌をしても寄ってこないような食い気のないときはどれだけたくさんいても釣れません(当たり前)。深いところに生息しているものは太いラインでも釣れるようです。