前浜桟橋


神津島で最も人気の高い釣り場。先端が外洋に突き出ているため潮の流れがよく、魚が回ってきます。車で入れるので準備も楽です。

海底の様子は上の航空写真で見るとよくわかります。根なのか、砂地なのか、参考にしてください。

 

波が高い時は、桟橋の上まで波をかぶってしまうので釣りができません。また季節風(西風)の吹く1月から2月頃は頻繁に波をかぶるため、桟橋に海藻が生えます。ものすごく滑るので注意してください。車も滑ってハンドルもブレーキも効かなくなります。

INFORMATION


数釣り度 ★★★★★
大物度 ★★★★★
釣れる魚(エサ釣り) シマアジムロアジイサキタカベメジナ
釣れる魚(ルアー) アオリイカカンパチ、シイラ等
足場 良好
釣り場の向き 西、北、南

先端


神津島の一級ポイントです。

人気があり場所が取れないこともあります。桟橋漁師と呼ばれている方々は日の出頃から釣りをしています。

 

潮の流れが良いので、潮が速い時はエギングなどは着底できません。ジグも軽いと流されてしまいます。


根元南側


近くにテトラポットがありますが、底は砂地で、水深はおそらく10m未満です。

ムロアジやマアジの群れが入ってくることが結構あります。

 

ここは神津島の港で唯一、海が街灯の光で照らされます。夜のエギングにおすすめです。小魚やイカも集まってきますし、サイトフィッシングを楽しめる可能性もあります。糸ふけも見えるので初心者には助かります。潮の流れが早くて先端や北側ではエギが着底しない時なども良いです。


根元北側


底は根で水深は10mから15m程度。赤イカ釣りでは結構人気の場所。近くにテトラポットがあります。

 


北側


底はほぼ根で水深は15mくらいあります。イサキ狙いの人がたまにいます。

アカイカ釣りでは先端から北側に沿って並んでいきます。


南側


底はほぼ砂地です。水深はおそらく10mくらい。北側より浅いです。

トップでカンパチが食うこともあります。